久しぶりにDAPを購入、因みにそこまでこだわっているわけではないので変な事言っていたらすんません。

 

DX160

◆MUSIN

◆e☆イヤホン

※10/13投稿時点でe☆イヤホン及びMUSINまた、ヨドバシでも売り切れています。

 

iBasso Audio「DX160」は中華DAPです。

そして価格はなんと驚きの4万以下ですがほぼ4万です。お釣りが百円返ってきます。

安い!

因みに自分は多分エントリー機のXDP-300Rを持っていましたが、そもそもイヤホンにこだわると数十万軽く吹っ飛んでいくので流石についていけないので音にこだわるのはやめようと思いました。(そこそこでいいんじゃない理論)

なのでイヤホンもAirPodsを主に使うようになっていましたね。

 

DAPを買う理由

今まで使っていたヘッドホン「MDR-1RBT」のイヤーパッドがお粗末になってきたのと同時に、さすがに時代に追い付いていない感満載なので買い替えることに。

そして先週、秋葉原のe☆イヤホンさんに行ってヘッドホンを買いました。

その時に買ったのが「mdr-z7m2」です。

ここまでのものを買ったのにDAP持ってないのってヤバい・・・

まあそういうことです。

だけど本当は欧州で11月に発売されるNW100(ウォークマン)+ポタアン(pha-2a)にしようかなと思ったけど待てない!!以前に日本も同月なのかわからないし。

そこでふとTwitterでDAPについて調べたらこの「DX160」を見つけたわけです。

 

DX160の情報は少ない?

情報は少ないと思いました。

出来るだけTwitterで収集して後は各商品ページにて確認。

そしてあとは実機を確認!!

因みにTwitterは絶賛率無茶苦茶高いです。

 

紹介

こっちに来てから二回目のこの袋。

これだけで都心の御礼を受けられる。。

欲しいと思ったときに買えちゃうのは罪だよね。

 

外箱はこんな感じ、アパートに持ってくる距離が長かったのか左上つぶれちゃったけど本体には影響しないのでパス。

外箱はSonyのあのワイヤレスイヤホンのものに比べて高級感がある。

そもそもSonyの外箱いつも大したこと無い印象(勝手な感想)

 

そして白いのとったらこんな感じ、この青い箱は磁石見たいのでとまっているみたい。

 

そして本体!!

DAPというよりはちっちゃいスマホみたいな印象。

左の黒い封筒?見たいのには説明書みたいなのがありました。

 

これが左の黒い封筒みたいのに入ってたものです。

宣伝とステッカーとちょっとした説明書です。

 

中国語で書いてあってわけわからないよ!?

日本語のものは付属していません。

 

下にはType-CのUSBケーブルがついてきています。

 

あとは中華特有のフィルムとケースセット。

これ案外買うの手間だからうれしいよね。

因みにフィルムのサイズは小さいです。

 

貼った感じ、下が結構空いてしまった。

左右もかなり間が空きます。

気になる人はフィルムを自作した方がいいかも。

 

そしてジャック側です。

4.4mmバランス接続と3.5mmの普通のジャックです。

2.5mmのバランス接続のDAPが多かったので地味にうれしい。
(探していたDAP)

まあ今回はこの4.4mmのバランス接続を試したくて買ったようなもんですから。

 

いざ起動!!

 

もちろん日本語もあります。

タイムゾーンについてはTokyoに自分で選択する必要があります。

 

起動直後はこんな感じです。

ヴィジェットと音楽アプリが一番目の画面にあります。

 

二つ目の画面はこんな形。

apkは上記のAPKPureで落とす感じですね。

ただむちゃくちゃ癖があるので今後Google Playを導入したいと思います。

 

まあストリーミングサービスをメインで使いたいのでApple Musicをダウンロードしたのですが、上手く起動しなかったですね。

なのでChromeでダウンロードしてきて使ってます。
(ただこれだとアプデが面倒)

 

これは純正アプリですね。

イコライザーとかいじれます。

GAINについてはこのアプリからか、設定で帰るっぽいです。

 

地味にうれしいDACMODE!!

パソコンのみ対応している形です。

(iPadだと何も反応しなかった)

接続すると充電マーク付きますがゴリゴリ減っていきます。

 

評価

音質

あくまで初心者としての感想になるんですけどもとにかくバランス接続でここまで音が変わるのか・・!って思いましたね。

XDP-300Rの時も驚きましたがこの価格帯でこの音質はすごいなと。

エントリー機としては買いではないでしょうか?

癖はそんなになく聞きやすいと思います。

 

使いやすさ

やっぱりAndroid特有のアプリの動作の遅さがありますが、まあ許容範囲でしょうか。

情報とかが少ないのでDACモードのやり方とかがわかりずらかったですね。

もとから入っている音楽アプリに関してもTwitter見る限りだと順番がおかしくなったりするらしいので使いやすいかは微妙です。

ただApple Musicとかはそのまま利用できるので問題なしです。

 

感想

まあ悩んでるなら買ってみるといいですよ。

本当に高いのはいくらでもあるわけですから。

ただ視聴はした方がいいのかなと思います。

あと情報はTwitterで探した方が早いかもしれませんね。

0
共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください