そういえばもう買って2ヶ月経つ「WF-1000XM3」の個人的なレビューを書いていこうと思います。

*画像は買ったときのものを使用します

前回の記事

過去記事にも買いたてのちょっとしたレビューがあるので良ければ閲覧ください。

 

WF-1000XM3レビュー

今まで使っていて良かった点

  • 良い音質で通勤できる
  • コードレスなのでちょっとした移動にも最適
  • 料理中などの動いてるときにも最適
  • 外音取り込み機能が意外と便利
  • 装着感が良い
  • 手軽にノイズキャンセリングが使える

悪かった点

  • 簡単には耳にははまらない(個人差あり)
  • ノイズキャンセリング機能が少し弱い
  • 入れ物がでかい
  • 防水に対応していない

これくらいでしょうか、詳しく解説してい行きます。

 

「WF-1000XM3」の良かった点

良い音質で通勤できる

まあ価格的に独立型イヤホンの中でも高めらしいので音質は良いです。

個人的にかなり好きな音質で低音そこそこ強めで音域もそこそこ広いのでJ-pop/アニソンなどには最適ですね。

因みにDSEE XH機能はONにしてあります。

この機能はAIによるアップスケーリングを行うようです。

詳しくはこちらからサイトを見に行ってください

 

ちょっとした移動に最適

これはかなり個人的な意見になってしまうとは思うのですが、

家の中で使用しているときにちょっとトイレ行きたいとか、ちょっと飲み物取りに行きたいとかそういうときにDAP+有線イヤホンだとやはりそこそこめんどくさく感じてしまいます。

ですがこのWF-1000XM3は独立なので気軽に移動することができるわけです。

これが意外と便利です。

また料理などをしているときなんかは移動しまくるわけで・・・

しかも火を扱っている状況でもあるのでそういう時にも結構優秀です。

 

外音取り込み機能が意外と便利

今年は災害も多く都心部では電車の状況アナウンスを聞かざるを得なかったですが、そんなときも外さずにアナウンスを聞けるのは強かったです。

音量をかなり下げないといけないとかはありましたが、イヤホンを耳から外すことをしなくてもいいのは大変助かります。

 

ノイズキャンセリング

これはあるととても便利です。ただ最近出たAirPods Proにもノイズキャンセリングが搭載されて、結構優秀なのだとか。

ノイキャン性能よりも音質の方はこちらを選ぶのでしょうが、ノイキャン性能で言ったらAirPods Proなのでしょう。

ここら辺の比較は他のサイトを見て下さい。

 

「WF-1000XM3」の悪い点

耳にはまりにくい

最初のころはガチではまりずらく後悔するレベルでした。

自分の耳が小さいの原因ですが、解決方法としては耳の端もって無理やり押し込むことですね。

そうすればフィットします。

今でもイヤホン押し込むだけでは入らないです。。。

 

ノイズキャンセリングが弱い

そこそこ便利なのですがやはり弱いと感じることがある。

地下鉄などでは確かに効果はあるんですがわかりずらいのです。

また風に弱いので、風の音は増幅してしまっています。

この時はやむを得ずノイキャン機能はオフにします。

 

入れ物がでかい

もともと出かけるときはAirPodsだったので大きく感じます。

バックに収納すれば問題ないですが、ポケットだとちょっと大きいので厳しいです。

個人的には残念なポイントです。

気軽にイヤホンしまったりつけたりできないので、たまにつけないで帰ることもあるくらいです。

 

防水に対応していない

これもちょっと残念ポイントです。

ちょっと雨が降った日なんかは傘をつけないでいるとちょっと怖いですね。

運動に使用したい人は汗が入ってしまう可能性があるのでやめた方がいいでしょう。

 

以上となります。

やはり便利で音質もいいのでお勧めのイヤホンです。

0
共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください